読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦めしブログ~日々コレごちそう~

レシピや美味しいご飯を見つけたらアップ!アップ!料理は上手くはないが愛は深い。

男子ごはん レシピ【カルビチム】と【チャプチェ】

男子ごはん【カルビチム】と【チャプチェ】のレシピ

【カルビチム】【チャプチェ】

こんにちは!

男子ごはんでは韓国を訪れて本場の韓国の家庭料理【カルビチム】と【チャプチェ】を紹介していました。

【カルビチム】は韓国のお正月やお盆には必ず出てくる定番料理です。「チム」とは韓国語で「蒸す」という意味で、骨付きカルビのうま味を堪能する煮込み料理です。

同じく【チャプチェ】も韓国の定番料理です。日本でも幅広く知られていて、定番になってきていますよね。

少々時間と手間はかかりますが、日本でも手に入る材料なので、日本にいながら韓国を堪能できますよ!レシピとポイントを詳しく載せておきたいと思います。

【カルビチム】材料(3~4人分)

【カルビチム】

●チム用カルビ・・・1kg
●大根・・・400g
●人参・・・200g
● 玉ねぎ・・・1個
●しいたけ・・・4枚
●むき栗・・・5個
●ナツメ・・・5個
●銀杏(下茹で下もの)・・・10個
ブロッコリー(下茹でしたもの)・・・100g
〈調味料〉
●カルビスープ(肉茹で汁)・・・2カップ
●梨の絞り汁・・・1/2カップ
●ショウガの絞り汁・・・小さじ1/2
●おろしニンニク・・・大さじ2
●しょう油・・・大さじ6 
●水飴・・・大さじ1
ゴマ油・・・大さじ1
●砂糖・・・大さじ2
●酒・・・大さじ3
〈カルビスープ〉
●水・・・2㍑
●ショウガ・・・200g
●ニンニク・・・5片
●長ネギ・・・1本
●赤唐辛子(乾燥)・・・2本
●焼酎・・・大さじ5
●黒こしょう(ホール)・・・大さじ1/2
●玉ねぎの皮・・・1個分

【カルビチム】作り方

1.厚手のカルビは骨の汚れ落としや血抜きのために水に浸けておく。

✱POINT✱

●水を流しながら2~3時間浸けて汚れを落とし血抜きすることで美味しく仕上がる。

カルビを洗う

2.骨付きカルビを臭み消しの香味野菜とともに下茹でする。
沸騰したお湯(5カップ)に赤唐辛子、長ネギ、玉ねぎの皮、黒こしょう、しょうが、にんにく、焼酎、カルビを加えて10分ほど茹でる。

下茹でする

3.大根はいちょう切り、人参は一口大に切り、玉ねぎは縦半分に切り4等分にして、全てに面取りをする。
✱POINT✱
●カルビチムは長時間煮込む料理なので、型崩れしないように面取りをする。

野菜を切る

4.下茹でしたカルビを取り出し流水で洗い、別の鍋に水2L、先程の香味野菜、下茹でしたカルビを加えてもう一度強火で煮込む。沸騰してきたら、蓋をして中火で50分煮込む。

もう一度50分煮込む

5.50分煮込んだスープと具材を分けて鍋にカルビスープ(茹で汁)梨の絞り汁(1/2カップ)、ショウガの絞り汁(小さじ1/2)おろしニンニク(大さじ2)酒(大さじ3)しょう油(大さじ6)砂糖(大さじ2) を加え、さらに水飴(大さじ1)、ごま油を加え カルビ、大根、人参を加えて強火で煮る。
✱POINT✱
●味を付けて煮込む時は、よく混ぜながら煮る。下の方ばかり味がつくのを防ぐため。

味を付けて煮込む

6.人参、大根に火が通ったら、むき栗、4等分にしたシイタケ、玉ねぎ、ナツメ を加えて混ぜれば完成。

最後の具材を入れて完成

 【チャプチェ】材料(2人分)

f【チャプチェ】

●春雨・・・200g
●牛肉(細切り)・・・100g
●きくらげ(水で戻したもの)・・・10g
●ほうれん草(茹でたもの)・・・100g
青ねぎ(小口切りにしたもの)・・・適量
●人参・・・100g
●しいたけ・・・4枚
●玉ねぎ・・・200g
●赤パプリカ・・・1個
〈調味料〉
●グレープシードオイル・・・適量
●しょう油・・・大さじ4.5
●砂糖・・・適量
●ごま油・・・適量
●おろしにんにく・・・適量
●白すりごま・・・小さじ1
●薄口醤油・・・小さじ1/2
●塩・コショウ・・・適量
●白いりごま・・・適量

【チャプチェ】作り方

1.具材を切る。玉ねぎは縦に薄切りに、人参は長さ4~5cmの細切りに、しいたけは軸を除き細切りに、きくらげは食べやすい大きさに切り、パプリカは厚みを半分に切り細切りにする。

具材を切る

2.ほうれん草は、薄口醤油、おろしニンニク、ごま油、塩、白いりごま(各少々)と青ねぎ(適量)を加えて下味をつける。
しいたけは、しょう油(大さじ1/2 )砂糖(小さじ1)、ごま油で和えて下味をつける。
牛肉はキッチンペーパーなどで水分を拭き取ってから砂糖(大さじ1/2)、おろしニンニク(大さじ1/2)、しょう油(大さじ1)、白すりごま(小さじ1)黒こしょう(少々)を揉み込み、最後にごま油加える。
✱POINT✱
●牛肉の最後にごま油を加えるのは、ごま油を先に加えると味がつきにくくなるため。

下味をつける

3.鍋にグレープシードオイルを少々入れて春雨を茹でる。この時2分茹でて予熱で8分放置すると ちょうどよい。
✱POINT✱
●グレープシードオイルはぶどうの種から抽出されるオイル。韓国の家庭ではサラダ油よりも一般的。

春雨を茹でる

4.色の薄い具材から、それぞれ順番に別々に炒めていく。
①玉ねぎ・・・グレープシードオイルをひいたフライパンに塩・コショウを加えて炒める。
②赤パプリカ、人参・・・玉ねぎと同様にグレープシードオイルをひき、塩・コショウで炒める。
③牛肉・・・油をひかず炒めてから、しいたけ、きくらげを合わせる。
④春雨・・・・ザルにあげて砂糖(大さじ1/2)しょう油(大さじ3)で味を付けてからグレープシードオイルで炒める。
✱POINT✱
順番に炒めていくことで、別々の食感や味付けに仕上がる。

具材を別々に炒める

5. 全ての炒めた具材を合わせてから、ほうれん草を加えてごま油と白いりごまを加えたら完成。

すべてを合わせて完成